紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

カフェインの知識と注意点

カフェインの知識と注意点

紅茶を飲むとすっきりするのは気分の問題ではなく、紅茶の中にカフェインが含まれているからです。

お茶やコーヒーにも含まれているこのカフェインは、その効能も危険性も議論されて久しくなります。改めてカフェインの基礎知識と注意点を見ておきましょう。

紅茶を飲むのは危険なのか?

結論から言うと、カフェインが人体に害を及ぼすには相当な量を摂取しなければいけないので、一日に1~2杯の紅茶では健康を害することはありません

飲むタイミングによっては寝れなかったり目がさえるなどの影響がありますが、それも健康を損なうほどのものではないでしょう。そもそもカフェインとは何でしょうか?

カフェインとは

カフェインは塩基化合物の一種で、自然界に存在する物質です。カカオやコーヒーの豆に含まれており、古来より興奮作用や神経を刺激する作用が知られてきました。名前の由来はコーヒーから分離されたゆえにカフェ(コーヒー)インとなっています。

副作用としては不眠やめまいなどが挙げられますし、これを実際に経験なさった方も多いはずです。少し恐ろしいのは、カフェインには中毒症状があるという点です。実はカフェインの中毒症状による死亡者は稀におり、ここ日本でも亡くなった方はいます。

カフェインは繰り返し摂取することで耐性が出来ていき、次第に体は反応しなくなります。その結果さらに多くのカフェインを求めるようになり、カフェイン中毒へと悪化していきます。カフェインには致死量もあります

摂取しすぎれば死に至るのですが、塩や砂糖などでも取り過ぎれば死に至るので、極端な過剰摂取に気を付けるべきなのはカフェインに限らず至極当然と言えます。中毒症状に陥ると離脱症状が発生し、カフェインがなくなってしまうと倦怠感や頭痛、めまい、便秘や神経過敏などといった症状が現れる危険性があります。

安全の目安

安全に摂取するには、自分の体格に合ったカフェイン摂取量を知る必要があります。成人なら一日に5mg/kg(体重)までで、小児~青年で1日に3mg/kgまでと公表されています。

体重60㎏の大人で一日180グラムまで、これはコーヒー300ml程度にあたります。これを超えても急激に症状がでたりすることはありませんが、あくまでほぼ100パーセント安全を保って摂取を続けるなら、この程度に抑えるのが最善という目安です。

まとめ

体質によっても変わってきますので、異変を感じたらすぐに飲むのをやめて、医療機関に行くべきです。紅茶をいつまでも楽しむために、節度のある飲用が必要です。


  • TOP