紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

諒設計アーキテクトラーニングの紅茶資格W取得講座もおすすめ

諒設計アーキテクトラーニングの紅茶資格W取得講座もおすすめ

諒設計アーキテクトラーニングには、「紅茶アドバイザー」資格と、「紅茶マイスター」資格の2つの資格が取得可能な、「紅茶W取得講座」が準備されています。

これらの資格を取得すれば、自分のお店を持ったり、飲食関係の仕事に就職したりする際に活かせる可能性があります。

諒設計アーキテクトラーニングで紅茶資格を取得できます!

諒設計アーキテクトラーニングでは「紅茶W取得講座」(https://www.designlearn.co.jp/tea/)が用意されています。

この講座では、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する、「紅茶アドバイザー」資格と、同じく日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催する、「紅茶マイスター」資格の2つの資格を、最短2ヶ月で取得することができます。

仮に毎日の空いた時間を活用して少しずつ学んだとしても、6ヶ月ほどで両方の資格が目指せる内容になっています。

諒設計アーキテクトラーニングの「紅茶W取得講座」とは?

「紅茶W取得講座」の内容ですが、まずは基礎と実践についての学習をします。例えば、紅茶の種類、開業のノウハウ、紅茶のいれ方などをしっかりと学びます。それから、資格対策に取り組みます。問題集や模擬試験を用いて資格取得を目指して行きます。

その後、添削課題に取り組みます。講師からのアドバイスを受けることができます。指定された回数の添削課題を終えると、通常の講座ですと講座は卒業することになります。そして、スペシャル講座の場合には、指定された課題を提出するだけで講座卒業と同時に試験免除で資格を取得することができます。

通常の講座の費用は53,000円、通常にプラスして特別教材と高級茶葉がついている講座の料金は69,800円、スペシャル講座の費用は73,000円、スペシャル講座ににプラスして特別教材と高級茶葉がついている講座の料金は89,800円です。

様々な可能性があります!

資格を取得した後は、ホテル業、飲食業で学んだ事柄を活かすことができます。紅茶販売店でのお仕事なども検討できます。他にも、カルチャースクールや自宅などで講師活動を行える可能性も出てきます。茶葉の抽出は奥が深いですが、プライベートでも自宅で本格的な紅茶の入れ方を実践できるようになります。

まとめ

「紅茶W取得講座」を受講し、資格取得できれば、ホテル業、紅茶販売店でのお仕事などで、学んだ知識を役立てることができます。プライベートでも本格的な紅茶を楽しめるようになります。この機会に「紅茶W取得講座」講座の受講を検討してみるのはいかがでしょうか。

紅茶資格W取得講座


  • TOP