紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶のカフェインとノンカフェインティー

紅茶のカフェインとノンカフェインティー

世界的に標準化しつつあるノンカフェインティー。デカフェとも呼ばれるカフェインを抜く加工を施した紅茶には、いくつかのメリットがあり、味わいや風味もほぼ変わりません

紅茶のカフェインはコーヒーなどのカフェインと同じです。ここではノンカフェインのメリットをご紹介します。

カフェインレスの需要

カフェインは覚醒作用があったり、中枢神経を刺激することで体をシャキッとさせる作用があるものの、空腹時に飲むと胃が荒れたり、鉄分の吸収を妨げることで貧血の原因となったり、コレステロール値を上げカフェイン中毒の危険性も新たにもたらすなど、意外にも多く危険性が潜んでいます

もちろん、人体にはカフェインを処理する能力があるので過剰摂取でない限り恐れる必要はないのですが、妊娠中や授乳期間にある女性の方や、お年寄り・子供たちには怖い飲み物となるかもしれません。そこで世界的にノンカフェインの紅茶が開発され販売されています。

そのメリット

ノンカフェインの紅茶のメリットは、まさしく前述のデメリットをすべて避けることができるというもので、しかも紅茶の健康効果は生きたままです。たとえば、紅茶には「ポリフェノール」がふんだんに含まれており、余分な糖を排除しAGEと呼ばれる老化原因物質の生成を抑制するのがポリフェノールです。

そのため、紅茶には美肌効果があり、さらには紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぐ効果もあることが研究で明らかになっています。この抗酸化作用を取り入れない手はありませんから、ノンカフェインの紅茶で肌を強くする効果が期待できます。

紅茶にはストレス解消やダイエット効果もあるのをご存知でしょうか?紅茶に含まれるポリフェノールやその他の成分がストレスホルモンの分泌を抑える効果を発揮することで、単なる息抜きだけでなく物理的にもストレスを除き去る役目を果たします。

ストレスが和らぐのはその作用を持つ成分があるからで、さらには脂肪分解や吸収させる酵素の働きを抑える効果もあり、すなわちダイエット効果があるということになります。

カフェイン含有率はゼロではない

カフェインレスには、元からカフェインをほとんど含まない製品と、デカフェ、つまりカフェインを抜いた製品とが存在します。少し注意すべきはカフェインの含有率がゼロではないということです。

ほとんどゼロパーセントに近いのですが、まったく含まれていない紅茶を作ることは不可能なので、カフェインの無さではハーブティーや麦茶に軍配が上がります。

まとめ

そうは言っても美味しい紅茶を楽しめるカフェインレス紅茶は、美容に関心のある方にも最適な飲み物です。


  • TOP