紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶資格で学べること

紅茶資格で学べること

紅茶について学ぶのは楽しい一時です。奥が深く知れば知るほど面白い紅茶は、世界中で常に興味を持たれています。紅茶について学ぶには、通信講座などで資格のための勉強をするのが一番手っ取り早いかもしれません。紅茶資格の講座では何を学べるのでしょうか?

基礎知識

まずは紅茶の基礎知識です。紅茶とは何か、茶葉の分類、呼び方、紅茶の葉に含まれる主要成分、紅茶の正しい淹れ方、紅茶の製法(オーソドックス製法、セミオーソドックス製法、アンオーソドックス・CTC製法)などから始まります。

これらの基本的な用語を知って、さらに学んでいくための基礎を作ります。紅茶の種類についても学びます。グレードや等級、その区分の仕方、紅茶を生産している国やその文化・背景、紅茶の歴史や発展してきた経緯、イギリスでの紅茶、インドや中東で飲まれている種類の紅茶とその飲み方など、紅茶に関するバックグラウンド的なことも学びます。

それによって、紅茶を取り巻く環境や国による違いなどを理解することができます。

器具・用具の使い方

紅茶を淹れる器具についてはどうでしょうか?各器具の名称や使い方、形状、素材色などについても学習します。これらの使い方を知っておかなければ、美味しい紅茶を淹れることもできません。

その他スプーンやフォークの種類・使い方も学びます。意外かもしれませんがお茶菓子を作ることもいただくことも紅茶の文化には含まれています。そういった器具についても知っておく必要があります。

将来の目標

諒アーキテクトラーニングを例に挙げると、ここからさらにティールームを開くためのマーケティングの意味やマーケティングの種類、戦略の立て方や企画の作り方なども含みます。

にわか知識な面もありすぐに自分で起業できるレベルではないかもしれませんが、それでも基礎知識として見れば何も知らないレベルからは大きな飛躍です。さらには開業計画の作り方や費用の見積もり、営業許可の取り方、物件探しの方法やスタッフの募集の仕方、接客についてのマニュアルの作り方など、喫茶店を始めるための情報まで含まれています。

これを学んでおくことで将来的なイメージを持つことができるでしょう。

まとめ

本格的に紅茶について学ぶのが難しそうに思えても、まずは基礎的なことから始めて、少しづつ学んでいきましょう。分かれば分かるほど紅茶を好きになっていくはずです。それほどに奥が深く、かつ淹れ方一つで変わってしまうほど繊細な扱いを必要とするか弱い存在であるのが紅茶です。


  • TOP