紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

ペットボトルの紅茶にビタミンCが含まれているのはなぜ?

ペットボトルの紅茶にビタミンCが含まれているのはなぜ?

リフレッシュに最適な紅茶を、日本全国どこでも買えるのは幸せなことです。淹れたてには遠く及びませんが、紅茶の味が今どうしても欲しいという方には便利な時代になりました。

近代の製品であるペットボトルの紅茶には、通常ビタミンCが含まれています。これはなぜでしょうか?

ビタミンCとは

実は紅茶やペットボトル製品に限ったことではなく、飲料やほとんどのお茶には必ずビタミンCが含まれています。ビタミンCそのものは体に必須の成分で、皮膚の健康や粘膜の機能を支え、抗酸化作用により老化や疲労の原因となる活性酸素を取り除きます

しかも人体で自然に生成できないので外部から補給する必要があり、ビタミンCの不足は深刻な健康悪化につながります。

酸化剤としてのビタミンC

そのビタミンCは、基本的に酸化防止剤として飲料に入れられます。しかしイメージの問題もあり、「酸化防止剤(L-アスコルビン酸)」と表記するより「ビタミンC」と書かれることになります。

したがってビタミンCと表記されていても、健康のために配合されている訳ではなく、健康に害のない化合物で消費期限を延ばすために入れられているに過ぎません。食べ物が腐っていくのと同じように、それに至るまで劣化していくのを酸化と言います。

この酸素と結合して生じる変化は、食べ物や飲み物に味や色の変化を与え、それは基本的に味を損なうものとなります。そこでビタミンCなどの酸化防止剤は、酸化していく食品に代わってそれ自身が酸化していくことで、食べ物・飲み物の変化を防ぎます

活性酸素の原因に?

ビタミンCには実は大まかにいって二種類あり、健康に良く人体に必要な「還元型」と、酸化防止剤に使用されるような「酸化型」があり、紅茶に含まれるのは酸化型です。この酸化されたビタミンCが厄介で、活性酸素を生み出す原因物質となります。

飲料に含まれる活性酸素は非常に微量なものなので、それ自体が急激に害になるわけではなりませんが、酵素によって無害化しなければならないので、当然人体にとって良いものではありません

活性酸素はストレスや紫外線を浴びることによっても発生し、老化や生活習慣病との関連も指摘されているので無いに越したことはありません。そのため、その発生原因となり得る酸化防止剤、つまり酸化型のビタミンCは積極的に摂取すべきではありません

まとめ

怖いようですが、それでも私たちの人体には活性酸素を処理する酵素が備わっているので、それが致命的になることはありません。可能なら無添加の紅茶にこだわったほうが理想的です。


  • TOP