紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶マイスター資格(JSFCA)

紅茶マイスター資格(JSFCA)

紅茶マイスター資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定している資格です。紅茶オーナーとしての知識、そして、それを実務で活用できる技能を有していることを認定します。

資格取得後は、紅茶オーナーとして仕事をしたり、飲食業などで働く可能性が開かれます。

紅茶マイスター資格とはどのような資格ですか?

紅茶マイスター資格(https://www.asc-jp.com/test/teameister.html)は日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行う、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する資格です。

紅茶マイスター資格を取得するためには、例えば、開業や運営に関する基礎知識、マーケティングについての基礎知識、商品とサービス、ティールームの設備や内装、ティールームの企画と計画などの分野について学んでおく必要があります。様々な種類の幅広い知識が必要とされています。

受験費用はどれ位かかるのでしょうか?

紅茶マイスター資格の受験費用はそれほど高くはありません。受験の料金はわずか10,000円です。それだけでなく、試験会場まで交通費をかけて出かけて行く必要もありません。

この試験は自宅で受験できますし、申し込みもインターネットで簡単に済ますことができるからです。出費を抑えられるのでとても助かります。さらに、受験のチャンスは1年に6回もあります。気持ちを楽にトライすることができます。

紅茶マイスター資格の取得を検討してみよう!

紅茶マイスター資格を取得できれば可能性が広がります。取得した資格を活用して、講師としてカルチャースクールや自宅などで仕事をする見込みがあります。他にも、飲料メーカー、カフェなどの仕事に従事する可能性も開けます

現在既に飲食関連のお仕事されている方も資格を取得できます。取得後、現在の職場の中でさらに認められ、仕事のフィールドを一層広げることができるかもしれません。

まとめ

紅茶マイスター資格は、紅茶オーナーとしての知識、そして、それを実務で活用できる技能を有していることを認定する資格です。紅茶マイスター資格を取得できれば可能性が広がります。取得した資格を活用して講師として、カルチャースクールや自宅などで仕事をする道も開けます。

他にも、カフェ、飲料メーカーなどの仕事に従事する可能性も開けます。この機会に、紅茶マイスター資格の取得を検討してみるのはいかがでしょうか。

紅茶マイスター資格


  • TOP