紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶アドバイザー資格(JSFCA)

紅茶アドバイザー資格(JSFCA)

紅茶アドバイザー資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行います。美味しい紅茶のいれ方、茶葉の知識などを有していることを認定します。

この資格を取得すると学んだ事柄をプライベートで活かせるだけでなく、紅茶専門店などで仕事をする可能性も開けます

紅茶アドバイザー資格とは?

紅茶アドバイザー資格(https://www.asc-jp.com/test/teaadviser.html)は日本安全食料料理協会(JSFCA)が認定を行う、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する資格です。

この日本安全食料料理協会は、食育、食料、料理の分野で、技術や知識が十分にあると評価された方に資格を与え、技術のみならず技術者の社会的地位の向上を目指し、それだけでなく、技術を採用する側にも、第三者的な評価基準を与えることを目的としている協会です。

紅茶アドバイザー資格を取得するためには、次のような内容をおさえておくと良いでしょう。紅茶の等級、種類、グレード、効能、、茶葉の分類について、紅茶の様々な種類の製法やいれ方などです。

紅茶アドバイザー資格の認定試験を受験するには?

紅茶アドバイザー資格の認定試験は、2ヶ月ごとに実施されています。受験の申し込みはインターネットから行うことができます。その月の20日から25日迄が試験期間なので、試験期間中に在宅受験をします。

わざわざ受験するために遠方の受験会場まで出かけたりする必要はありません。受験の料金は消費税込みで10,000円です。費用の面でも高くないので助かります。合格の基準についても過度に高くはなく、70%以上の評価で合格できます。

資格取得後にはどんな可能性がありますか?

もちろん、この資格を取得すると学んだ事柄をプライベートで活かすことができます。それだけでなく知識を活かして紅茶卸売業や紅茶の専門店で仕事をしたり、飲料メーカー、カフェ、飲食店での仕事に従事する可能性も開けてきます。

資格取得後、さらに知識や能力を高めて行き、紅茶関係のグランプリに参加し成績を残すことを目標にすることもできるでしょう。

まとめ

紅茶アドバイザー資格を取得できれば、学んだ事柄をプライベートで活かせるだけでなく、紅茶卸売業や紅茶の専門店で仕事をしたり、飲料メーカー、飲食店、カフェでの仕事に従事する可能性も開けます。

認定試験は1年のうち幾度も行われています。この機会に、紅茶アドバイザー資格の取得について検討してみるのはいかがでしょうか。

紅茶アドバイザー資格


  • TOP