紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶の淹れ方と楽しみ方

紅茶の淹れ方と楽しみ方

美味しい紅茶はただ美味しいのではなく、多分に淹れ方が関係しています。繊細で焙煎などの過程がないゆえにコーヒーよりも淹れ方の影響が大きく出やすいのが紅茶です。

そんな紅茶の美味しい淹れ方を簡単にご紹介します。いくつものポイントを守って紅茶は美味しくなります。

空気を含ませる

紅茶には軟水の方が相性が良くなります。その軟水(日本で普及しているのは基本的に軟水)に空気を含ませたものが最適です。汲みたて、あるいは飲めるものであれば、水道から勢いよく出して、空気をたっぷり含んだ状態にしましょう。

それを完全に沸騰させます。コーヒーと違い抽出に温度を調節する必要はなく、むしろ沸騰したての100℃にできるだけ近いお湯を注ぎます。こうすることで紅茶の命といえる香り成分が花開きます。

温度が低いと茶葉が湯の中で踊らず、十分に香りや旨みが出ず、香りも旨みも弱い水臭い紅茶になってしまいます。茶葉を十分に躍らせ成分を抽出するためには、ぼこぼこと空気泡が出るぐらいの沸騰したての湯を使います

温度管理

水に関してですが、前述のように日本では水道水が軟水のため、ミネラルウォーターなどをわざわざ買う必要はありません。カルキ臭いなどの状態でない限り、飲める品質の水道水ならば問題ないでしょう。

空気を多く含ませる必要があるため、やかんなどに入れる段階から勢いよく注ぎ、空気を出来るだけ混ぜ込んでください。また高温を保つためにはティーポットを温めておく必要もありますので、ティーポット用の熱湯も準備しましょう。

ジャンピング

紅茶の成分を十分に抽出するのに必要なのは「ジャンピング」です。茶葉がお湯の中で踊っている状態を作り出さなければなりません。ところが沸騰してからずっと火にかけたお湯では逆に空気が抜けてしまい茶葉が静かになってしまうので、ぼこぼこと勢いよく沸騰したらすぐにそのお湯を茶葉に注ぎましょう。

二度沸かしややかんに入れて置いておいた水は空気を含んでいませんのでその点も注意が必要です。ティーポットは丸型がおすすめです。必ずしも丸型でなければ美味しい紅茶にならないという訳ではありませんが、誰がいれても茶葉がジャンピングしやすいのはお湯が対流する丸型です。

そして茶葉の抽出時間は必ず守りましょう。素人レベルでは違いが分かりにくいかもしれませんが、10秒違うだけで茶葉の印象が変わるといわれています。

まとめ

美味しい紅茶の淹れ方は、細部を徹底するかどうかです。最大限風味を引き出すために丁寧に作業しましょう。


  • TOP