紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶資格取得にかかる費用と学習期間

紅茶資格取得にかかる費用と学習期間

趣味が高じて紅茶のことをもっと知りたくなったら、勉強して資格を取るのも有効活用する方法です。紅茶に関する資格は幾つもあり、取得費用や方法も異なってきます。

このサイトでご紹介するのは主に「紅茶アドバイザー」と「紅茶マイスター」ですが、費用や取得に必要な期間はどれほどのものになるでしょうか?

費用に関して

この紅茶アドバイザーも紅茶マイスターも、国家資格ではありません。どちらも日本安全食料料理協会が主催する民間資格となります。世に数ある紅茶資格にかかる費用は5~30万円とそれぞれですが、この二つはカバーする内容が幅広く、実際的です。

例えば諒アーキテクトラーニングでこの資格取得を目指す場合、53,000~73,000円といったところです。この内73,000円の「紅茶W資格取得スペシャル講座」では、日本安全食料料理協会認定の資格講座となっていますので、修了課題提出により資格試験免除、自動的に取得することができます。

SARAスクールジャパンの紅茶資格講座でも同じような講座があり、「基本コース」の69,800円(税込・送料無料)や「「プラチナコース」の89,800円(税込・送料無料)となっています。プラチナコースは諒アーキテクトラーニングのスペシャルコースと似ており、資格試験免除により100パーセントの取得が可能です。

取得までの時間は?

これらの資格取得までにかかる時間はどれほどでしょうか?中には3週間で取れたというコメントもネット上にはありますが、それぞれの公式サイトが公表しているのは二ヶ月となっています。

少し勉強期間は長く感じられるかもしれませんが、二ヶ月あれば資格試験を受けることなく確実に二つの資格を取れることを考えると、デメリットというほどのものではないでしょう。

通信講座に含まれるもの

それぞれテキストや課題がしっかりついてくる内容で、基礎や実践に関する知識の項目で、専門用語や種類、紅茶の淹れ方や器具の扱い方を学びます。資格対策の内容もあり、試験込みのコースを選んだ方でも安心して続けることができます。

コースには添削課題があり、問題集で練習した内容を試します。添削回数の指定などの条件をクリアしたり卒業課題の案件を提出すると資格取得となり、自宅にいるだけで民間資格が取得できます。

まとめ

通信講座で紅茶に関する資格を取得するのがおすすめです。非常に便利なだけでなく、試験免除といった実際的なメリットまで含まれています。内容を公式サイトで確認して、自分に合ったコースを選んでください。

紅茶資格W取得講座


  • TOP