紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶資格の学習にかかる期間と試験内容

紅茶資格の学習にかかる期間と試験内容

紅茶について学ぶのも一つの目標です。きっと生涯にわたるほどの大きな学習対象になるでしょう。紅茶の文化は生きており、過去から伝わる伝統を学ぶだけでなく、今の時代を生きる紅茶の文化にもついていく必要があります。

それには紅茶資格を通して基礎知識を入れていくのが一番です。紅茶資格の取得にはどれほどかかるのでしょうか?

期間はどれぐらい?

通信講座などの場合、あくまで目安になりますが3ヶ月ほどあれば取得は容易なようです。通うタイプの場合、月に1~2回の講座が12ヶ月というケースもあります。自分の生活スタイルや住んでいる場所によって考えることですが、通信講座はわかりやすい教材で効率的に取得出来るため人気となっています

試験には受験費用が掛かりますが、諒アーキテクトラーニングやSARAスクールジャパンの一部の講座では、卒業課題や添削するレポートを提出することで、試験免除の条件を満たし修了と同時に資格を取得できるのでおすすめです。

それ以外のコースでも、カリキュラムに沿って進めるだけで資格対策が十分にできます。

試験内容は?

試験内容は何でしょうか?基本的にはペーパーテストです。問題集や模擬試験も用意されていますので、それらで試験の練習をしつつ知識を取り入れていきます。模擬試験を提出したら、専門の講師から添削されて返ってきます。

安心できるのは、諒アーキテクトラーニングの場合質問できる回数に制限がなく、何度でも郵送で質問を送り納得いくまで考えることができます。そのため、何も分からない状態から始めても、効率的なカリキュラムによってしっかりと学べる内容になっています。そして講座修了で資格試験の受験料が10パーセントオフになるなどの特典もついています。

試験を受けると?

試験内容は、基本的には講座で学んだ内容をしっかり復習することで、合格レベルに持っていくことが可能です。「紅茶マイスター」や「紅茶アドバイザー」では、カリキュラムから大きくはみ出るような問題はあまり出題されません。

そのため、テキストの内容をしっかり押さえておくことは、有効な試験対策となります。個人差はありますが、数か月で紅茶資格を取ることが可能です。

まとめ

確実に資格を取得したい方には、卒業課題の提出によって資格が認定される試験免除のコースがおすすめです。資格を取得する過程で学ぶ知識は、その先のより本格的な紅茶について学ぶ第一歩になります。


  • TOP