紅茶資格人気のおすすめ紅茶資格

紅茶の知識が身につく情報と、さらに深く学べる資格・講座の魅力についてわかりやすく解説してきます。毎日のティータイムが楽しくなる!

MENU

紅茶資格は仕事に活用できる?

紅茶資格は仕事に活用できる?

紅茶を取り巻く職種は多く、世界中で何百億の規模で市場ができるのが紅茶です。紅茶の世界は奥深く、市販の飲料以外にも様々なビジネスが広がっています。そんな紅茶について学んだ紅茶資格は、何かの仕事に活用できるのでしょうか?

喫茶店開業などは難しい

結論から言うと、可能性は幾らでもあります。国家資格ではないため、この資格を持っていなければいけないという性格ではありません。しかし、紅茶に関しての一定レベルの知識を持っていることを証明してくれるものであるため、紅茶が関わる仕事であれば、その知識を活かすことが可能でしょう。

例えば、「紅茶インストラクター」や「紅茶アドバイザー」の場合、これらの資格のカリキュラムに沿った通信講座があります。しかもそれらの講座の中では喫茶店の開業の仕方や準備すべきものについての学習もできます。

何も知識が無く喫茶店などの経営をする場合には、様々な障害が立ちはだかるのは容易に想像がつきますが、開業に役立つような知識を備えておくことによって、起こりうるトラブルを回避する知識も手に入れられるでしょう。

紅茶専門店などで働く

現実的なところで考えると、飲食店や小売店で紅茶の知識を生かすことができます。大手のチェーン店ではなく紅茶にこだわりを持ったお店などでは、取り揃えている種類からお客様の傾向、新商品の提案など、紅茶に関する情報やアイデアを必要としています。

そういったところでは、紅茶に関する民間資格を持っているだけで面接時に一目置かれるでしょうし、学んだ知識を生かして業務や品ぞろえを改善することも可能でしょう。このようなケースでは、紅茶資格が大きな意味を持つでしょう。

趣味を高めた証明

就職に紅茶資格は生かせるでしょうか?紅茶の資格を取得したことによって、紅茶に関する一定レベルの知識を持っていることが証明されることになります。そのため、面接の際に履歴書に記載することにより、紅茶を扱う業務の企業にとって、魅力的な人材として映るでしょう。

個人でしっかり学んでいる人は次のレベルに発展させることも出来るので、飲料メーカーや食品メーカーなどであれば、一定の評価を受けることになるでしょう。

活用の仕方次第では関連する部門に起用されたり、周囲に知識レベルを示す指標として使えることにもなるので、資格を取得しておく価値は大きいでしょう。

まとめ

紅茶資格一つでお金を稼いでいくのは困難を極めますが、仕事の補助や自己アピールの道具として、あるいはさらに本格的な紅茶の道に進むきっかけとして利用できます。そういった面で紅茶資格は活用できますし、取得しておいて損はない資格です。


  • TOP